インプラントで支える入れ歯

長期にわたり入れ歯を使用されている患者様の多くが、下記のように様々なお悩みをお持ちになっていると思います。

入れ歯の方のお悩み
入れ歯が安定しなくなるのは何故?

インプラントデンチャーとは?

◆◆◆インプラントデンチャーとは、インプラントと入れ歯の利点を合わせた方法です。◆◆◆

通常のインプラント手術と同様にインプラントを顎の骨の中に埋入し、骨とインプラントがしっかりとくっついた後、その上に入れ歯を安定させるアタッチメントを取り付けます。アタッチメントの対となるものを入れ歯に取り付け治療終了です。
インプラントの利点である『安定力』と、入れ歯の利点である『安価』を併せ持った新しい治療法です。

インプラントデンチャーの種類

インプラントデンチャーにもいくつかの種類があり、顎の骨の状態などを考慮し、患者様に一番適したものをご提案いたします。

ボールタイプ

【ボールタイプ】
ヘッド部分が丸くボール状のインプラントを使用するタイプです。
入れ歯の裏側に特殊な金具を付け、ホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

バータイプ

【バータイプ】
埋め込んだインプラントをバーで連結し、入れ歯側にバーを挟み込むクリップを装着する事により入れ歯を固定します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

マグネットデンチャー

【マグネット(磁石)タイプ】
埋め込んだインプラントの頭の部分にキーパーという磁石に吸着するパーツ(磁性金属)を取り付けます。
入れ歯の方にマグネット(磁石)を取り付け、その吸着力で入れ歯を安定させます。
上顎に固定式のアタッチメントを使うと、噛む圧力で入れ歯に横の力が加わり、インプラントがダメになる事があります。
その点、マグネットタイプは過度に横の力が加わった場合は自然に外れるので安心です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ミニインプラント ミニインプラント

【ミニインプラント】
通常のインプラントよりかなり小さいインプラントです。ヘッド部分の形状はボールタイプのアタッチメントと同じになります。顎の骨が細い方や、費用を出来る限り抑えたい方に最適です。

※通常のインプラント程の固定力はありませんので、上顎には適応されません。


インプラントデンチャーのメリット
チェックマーク

入れ歯がインプラントで強固に固定される為、しっかり噛めるようになります。

チェックマーク

最少2本のインプラントで全顎を支える事が出来る為、治療費が抑えられます。

チェックマーク

患者様が自由に取り外しが出来る為、メンテナンスが非常に容易です。

チェックマーク

大きな外科手術を必要としない為、全身的な負担も少ない治療法です。

チェックマーク

状態によっては即日に食事も可能な状態になります。


インプラントに関する質問はこちら↓

インプラントQ&A


line

PAGE TOP
Copyright(C) 2012 Suda Dental Clinic All Rights Reserved.